生理の前のイライラや胸がはるなどの体の不調は、多くの女性が持っている悩みですね。
そして、その中でも辛い症状が“便秘”

便秘になったことのある女性の6割は生理前になったと答えるほど、多くの女性が“生理前の便秘”を経験しています。

生理が始まれば治りますが、それでも10日以上も続く場合もあり、毎月その症状に悩まされるのは、辛いものですよね。

今回は、その原因と解消方法についてみていきましょう!

なんで起こるの?生理前の便秘

生理が終わってから14日位すると、排卵期を迎えます。

この排卵期から生理開始までの、14日間に起こる便秘はPMS(生理前症候群)の症状の1つである
可能性があります。

PMSとは、排卵期から生理開始までの、黄体期に起こる不定愁訴のことで、心と体に様々な不調が現れるのです。

PMSが起こる原因は、はっきりとしておらず、生活習慣を整えたり、低用量ピルを服用することで、症状が改善するといわれています。

PMSが便秘を引き起こす2つの理由

女性の身体は生理周期に合わせて、ホルモンバランスが変化します。

生理前の黄体期は、女性ホルモンの一種である、黄体ホルモンが増加。

この黄体ホルモンが、便秘に関わってくるのです。

理由その1: 黄体ホルモンによる大腸の働きの低下

黄体ホルモンは、受精卵が安定するまで、流産しないよう子宮の収縮を抑えます。

この作用は腸内にも及び、大腸の便を送り出す力が弱くなり、便秘になりやすくなります。

理由その2: 便の水分を奪ってしまう

妊娠を維持させるための、黄体ホルモンの働きで、体内の栄養や水分をため込む作用が働き、大腸の腸壁からも水分が吸収されます。

その結果、便の水分不足となり、“硬い”“コロコロしている”“黒っぽい”出にくい状態になってしまいます。

生理前の便秘、解消方法は?

女性ホルモンが関わって起こる便秘ですが、日常生活の中である程度防ぐことができます。

適度な運動で腹筋を鍛えよう!

排便がスムーズにいかないのは、腹筋の弱さも関係しています。

まずは腹筋を鍛えるといいですね。

ウォーキングなどの軽い運動も、代謝を活性化させることで内臓の動きがスムーズになり、排便を促すのでいいですね!

体を動かすように心がけましょう。

また、睡眠不足は、身体の働きを低下させてしまうこともあるので、規則正しい生活を送ることも大切です。



つま先立ちが、血行をよくし、お尻やお腹周りの筋肉を強化させ、排便をサポートしてくれるってご存知でしたか。

つま先立ちの便秘解消効果についての詳細記事はこちら!↓↓↓
>>便秘解消にすぐ効く?!つま先立ちで便秘解消!<<

食生活の工夫と水分補給

規則正しい食生活と水分補給は、便秘解消に大切なことですが、なかでも便秘解消にぴったりの時間は“朝”

胃腸に負担とならない、水分を多く含む果物などを摂り、排泄力を促しましょう。

生活の中で、自然な排便のリズムをつくることができます。

食事は食物繊維を多く含むもの、また、乳酸菌やビフィズス菌が含まれている、乳酸菌飲料や発酵食品を取り入れて、腸内環境を整えましょう!

朝昼晩、どのような食べ物を、どのように食べ合わせればいいのかは、こちらの記事に載っていますので、どうぞ見てみてくださいね!

便秘解消に効果的な”1日の食事の仕方”についての詳細記事はこちら↓↓↓
便秘解消にすぐ効く食べ物!~便秘知らずの腸を育てる3つの食材~

必要に応じて、薬の使用も

生活リズムや生活習慣を工夫しても、なかなか便秘が改善されない場合は、薬を使うことも1つの方法です。

便秘薬には、便を柔らかくする働きと、腸の働きを促すものがあります。

種類や効き目にも個人差があるので、医師や薬剤師と相談しながら使用してください。

便秘薬について、こちらも見てみてくださいね!

便秘薬についての詳細記事はこちら!↓↓↓
>>便秘薬にはどんな種類があるの?服用時の注意点<<