便秘について知ることは、便秘解消への第一歩!

便秘にも色々な種類、原因、症状があります。

👉👉👉便秘の種類と主な原因

ここでは、機能性便秘の一種である、日本人にもっとも多いといわれる、弛緩性便秘について説明します。

弛緩性(しかんせい)便秘とは?

弛緩性(しかんせい)便秘は、胃や腸など消化器官の機能が、低下することによって起こる、機能性便秘の一種です。

腸の蠕動(ぜんどう)運動が弱くなり、便をうまく押し出すことができない便秘です。

特に、腹筋が弱い高齢者や女性、男性でも運動不足の人に多く起こり、日本人に最も多いタイプの便秘、といわれています。

一般的に「便秘」と言った場合には、この弛緩性便秘を指すことが多いでしょう。

弛緩性便秘の症状

色の濃いコロコロとした便

便の水分が大腸で吸収されるため、硬くコロコロした便になります。

排便できたとしても、残便感がありスッキリしません。

⓶お腹のハリ

長い時間腸に滞在した便は、有害なガスを発生しやすく、お腹が張った状態になるます。

お腹のハリは、大きくなると、食欲が落ちたり、お腹のハリ自体がストレスになり、精神面にも悪影響を及ぼしかねません。

⓷肌荒れ・肌のくすみ

腸の健康は美容に大きく関わってきます。

腸は消化器官としての役割に加え、全身のアンチエイジングのカギを握っている、といっても過言ではないほど
重要な臓器なのです!

慢性的な便秘状態の腸内は、善玉菌が減少して、悪玉菌が増えている状態!

悪玉菌から出された毒素が、血液やリンパを介して、体中に運ばれてしまうことで、肌が荒れるなど、美容にも
悪影響を及ぼします。

どうして弛緩性便秘になるの?原因

⓵大腸を動かす筋力の低下・筋肉量の少なさ

弛緩性便秘が起こる一番の原因は、大腸を動かす筋力の低下です。

排便は腸の蠕動運動によって、便が肛門に運ばれて行われます。

その大腸を動かす筋肉が緩んでいては、蠕動運動が弱くなってしまうのです。

⓶内臓が垂れ下がり、腸がゆるむ

加齢とともに内臓が垂れ下がる傾向があり、それが腸のゆるみを加速させます。

これが高齢者に弛緩性便秘が多い理由なのです。

この場合の筋肉は骨格筋なので、ウォーキングやヨガが効果的です。

⓷ダイエットによる便のかさの減少

ダイエットの影響で筋肉が落ちてしまったり、過度の食事制限によって食事が偏り、便のかさが減り排便が困難になります。

⓸便の水分の減少

便が大腸に長く留まることで、腸から水分が吸収され、便がどんどん硬くなっていきます。



>>長年悩んでいた私でも、手軽にスッキリできた方法とは!<<

弛緩性便秘を改善しよう!

⓵弛緩性便秘、改善のための食事。食物繊維!

弛緩性便は「腸が動かないタイプ」動くように腸を刺激しなければいけません!

その腸を刺激してくれるのが「不溶性食物繊維」

水に溶けない食物繊維で、水分を多く吸収して便のかさを増すことで、大腸に刺激を与え、便意を促します。

不溶性食物繊維は、加熱しなければ食べられない、水分の少ない食材

大豆・芋類・キノコ類・ごぼう
すりつぶしてない(皮の部分の)とうもろこし
ごま・豆類・玄米・小麦ふすまなどの穀類

に多く含まれています。

これらの食べ物が水を含んでふくらみ、腸を刺激し蠕動運動を促します。

水分を十分に摂ることもお忘れなく!

また、根本的な便秘の改善には、生活習慣や食生活を整えることが大切です。

朝昼晩、どのような食べ物を、どのように食べ合わせればいいのかは、こちらの記事に載っていますので、どうぞ見てみてくださいね!

便秘解消に効果的な”1日の食事の仕方”についての詳細記事はこちら↓↓↓
便秘解消にすぐ効く食べ物!~便秘知らずの腸を育てる3つの食材~

⓶身体を動かす

筋力の低下は腸の動きの低下につながります。

普段からウォーキングやヨガなどで、下半身から体幹を鍛えるようにしましょう。

腹筋を鍛えることも効果的です!



つま先立ちが、血行をよくし、お尻やお腹周りの筋肉を強化させ、排便をサポートしてくれるってご存知でしたか。

つま先立ちの便秘解消効果についての詳細記事はこちら!↓↓↓
>>便秘解消にすぐ効く?!つま先立ちで便秘解消!<<

⓷便秘薬のサポートを受ける

食事や運動をしてもなかなか効果が表れないという場合、蠕動運動させる神経の細胞の数が少ない、蠕動運動する筋肉の力が弱いことで便秘になっている場合があります。

「腸を刺激する薬=下剤」を飲んで、腸を刺激して排便を促すことも、時には必要です。

ただし、下剤に関しては、あくまでも補助的な役割と考え、食事や運動で効果が出てきたら、下剤の使用を徐々に減らしていきましょう。

下剤には大腸を刺激するもの、水分を保持するものなど種類があるので、医師や薬剤師と相談しながらの使用をおすすめします。

便秘薬について、こちらも見てみてくださいね!

便秘薬についての詳細記事はこちら!↓↓↓
>>便秘薬にはどんな種類があるの?服用時の注意点<<