便秘について知ることは便秘解消への第一歩!

ここでは、便秘の中でも改善の難しいといわれる、機能性便秘の一種である、直腸性便秘について説明します。

直腸性便秘とは?

一般的に便秘は、大腸に便が留まってしまうことをいいますが、直腸性便秘は、肛門に近い直腸に問題があり、排便されない便秘のことをいいます。

そのため、直腸性便秘の改善には、肛門の機能障害を取り除く必要があるのです。

直腸性便秘の症状

⓵便意を感じにくい

通常、直腸に便が運ばれると、直腸の神経が刺激されて、大脳にサインが送られ排便の指示が出されますが、便を我慢することに慣れてしまうと、指示が上手く出されなくなり、便意を感じなくなってしまうのです。

便は直腸に長く留まり水分を吸収し、便が硬くなり、より排便が困難になってしまいます。

⓶排便時の痛みや違和感

便意を感じても、いきむと痔などが原因で痛みがあったり、肛門が狭いことで違和感があると、排便がスムーズにいかず便秘になってしまいます。

この症状が続くと、直腸のセンサーが鈍くなり、便意を感じにくくなり、便秘が長期化してしまうことがあります。

⓷上手くいきめない/排便するのに時間がかかる

便意を感じ、痛みや違和感がなくても、上手くいきめていないことで、排便が出来ず便秘になっている場合があります。

お腹に力が入らず顔だけが赤くなっているのは、典型的な症状です。

⓸便が硬い

他の種類の便秘と比べても、特に便が硬くなるのが直腸性便秘です。

大腸で便の水分が吸収され、排便直前の直腸に達してから便秘になるので、便はより太く硬く、ゴリッとした塊となってしまいます。

⓹便秘薬をのむと下痢をしてしまう

直腸性便秘は、大腸に問題があるわけではありません。

蠕動(ぜんどう)運動を促すなどの効果がある、他の便秘向けの便秘薬をのむと、下痢をしてしまいます。


薬に頼らず、自然にスッキリしたいなら、こちらをクリック!↓↓↓


どうして直腸性便秘になるの?原因




⓵便意を我慢することの日常化

便意を我慢することが、習慣化してしまっていると、直腸に便が運ばれてきた時に起こる、直腸への刺激を無視することになり、刺激に慣れてしまいます。

脳も排便のサインを出すことが無くなり、便意そのものを感じにくくなってしまいます。

⓶痔、直腸瘤など、肛門付近の問題

を患っている場合
排便時に痛みがあるため、排便を我慢したり、少ない回数に抑えようとしてしまい、直腸性便秘となってしまいます。

また、女性の場合、いきむことで直腸が膣側に膨らむ直腸瘤という症状が発生することがあります。

便秘になると、さらに便が太く硬くなってしまうため、痔などの症状がより悪化します。

逆に直腸性便秘が原因で、痔になってしまう場合もあります。

悪化するから排便を我慢し、より直腸性便秘が悪化するという、悪循環に陥ってしまうのです。

⓷いきむ際に肛門が閉じてしまう

通常、便意が起こりいきむと、下腹部は腹圧がかかりますが、骨盤底筋はゆるみます。

しかし、本来緩むはずの筋肉に、力が入ってしまう事で、排便が上手くなされない便秘をアニスムスといいます。

いきめばいきむほど、肛門が締まってしまい、便が出にくくなってしまいます。

⓸老化

年をとり肉体の機能が弱ってくると、神経系も徐々に鈍くなってきます。

便意をもよおす神経の働きが鈍るために、高齢者や寝たきりの方に、直腸性便秘が多くなってきます。

直腸性便秘は生活習慣が、原因の場合もありますが、アニスムスのように排便機能が問題の場合もあります。

改善には原因を特定することが大切です。

⓵便意を我慢しないでトイレに行く

直腸の鈍化が原因の場合、少しの便意でもトイレに行くようにします。

ゆっくりと時間をとるために、起床時間を早くするなど、トイレに行く時間を生活の中でリズムを決め、習慣化させることが、便意を促すことにつながります。

⓶排便時の姿勢に気を付ける

直腸性便秘の場合に限らず、全ての便秘に有効な、便秘ゴールデンポーズと呼ばれる、排便姿勢を紹介します!

両肘を膝の上に置き、前かがみになり、かかとを少し上げましょう

腹筋に力が入りやすく、腸が一直線になります!

また、全身に力が入ってしまう人が多いので、トイレに入ったらまずは深呼吸して、落ち着きましょう。

⓷痔・直腸瘤・アニスムスは病院へ!

普段の生活から便秘改善のため、気を付けることは出来ますが、何をやっても便秘が治らない方は、一度専門医を受診することをおすすめします。

直腸瘤・アニスムスの診断は、専門医の検査を受ける必要があります。

いかがでしたか。参考になりましたでしょうか。

専門医の診察を受ける場合、病院はこちらの科を受診するといいですね!↓↓↓
👉👉👉直腸性便秘の治し方!治療は何科?薬の使用は?風船治療で骨盤底筋の訓練