便秘の中でも改善の難しいといわれる、機能性便秘の一種である「直腸性便秘」

直腸性便秘は生活習慣の改善で、快方に向かう場合もありますが、アニスムス・直腸瘤・痔が原因の場合や、何をしても便秘が改善されない場合は、病院で専門家に診断して治療する必要があります。

今回は、直腸性便秘の病院での治し方、治療は何科に行けばいいのか、などについて、説明します。

直陽性便秘、治療は何科へ行けばいい?

「便秘は体質だから」「どこへ受診していいか分からないから」という理由で、病院で受診しない人が多くいます。

特に内臓の疾患が原因で、便秘になっている場合もあるので、どうしても治らない便秘は、専門医に診てもらうのは大切なことです。

便秘の専門科として最も理想的なのは、「便秘外来」です。

便秘外来は、便秘の治療を専門に行っていて

・個人病院や総合病院の中に設けられている場合
・総合病院や大学病院の消化器内科、胃腸科など

で曜日によって開かれていることもありますが、全国的にまだ数が少ないです。

便秘外来以外は何科に行けばいいの?

消化器内科・胃腸科

何らかの疾患が原因で起こる便秘=症候性便秘、の治療に向いています。

大腸・肛門科

直腸や肛門周辺の働きが低下している、直腸性便秘の治療に向いています。

治療法は、問診・腹部触診やレントゲンにより、どのタイプの便秘であるかを判断し、薬が処方されたり、浣腸や排便を促す処置がなされる場合もあります。

血便などがある場合は、さらに精密な検査がなされ、便秘から引き起こされる他の病気についても調べられます。

医療機関が便秘に理解が深いか、見極めることが大切です。

詳しい説明もなく、ただ下剤を処方するだけで治療が終わる、というところは避けましょう。

直腸性便秘の薬での治療

直腸性便秘は、大腸に問題があるわけではないので、蠕動(ぜんどう)運動を促すなどの効果がある、他の便秘向けの便秘薬をのむと、下痢をしてしまうことがあります。

おすすめなのは、医師の診断によって処方される、酸化マグネシウム系の薬です。

・酸化マグネシウム
・マグラックス
・マグミット

これらは、市販されている便秘薬のように、腸が慣れてしまうことなく、便の水分量を増やし、腸の中の流れをよくしてくれる、といわれています。

ただし、腸が自力で働く環境を作る薬ではないので、薬に頼るだけではなく、腸の働きを回復させるために、腸内環境を整える必要があります。

酸化マグネシウムの薬のサポートを受けながら、腸内環境を整え、減薬をしていき、自力で排便できる力を回復させていきましょう!

風船治療、骨盤底筋の訓練

排便には、腹圧をかけることと同時に、骨盤底筋を緩めて肛門を開くことが必要です。

それらの排便をするのに必要な筋肉を、訓練によって緩めたり、閉めたりできるようにする訓練を、バイオフィードバック療法といいます。

この治療法には、骨盤底筋弛緩訓練法と、風船を使ったバルーン排出訓練法があります。

保険の対象ではありませんが、約7割もの患者さんに効果がある、と期待されている治療法です。

風船治療

訓練の最初のうちは、最後に治療者が風船を引っ張って外に出し、排便ができたときの成功体験で、排便の感覚をつかみます。

最終的には、訓練を繰り返すことで、風船を引っ張らなくても、自力で風船を出せるようになるといわれています。

自分で出来ることを行うと同時に、専門医の助けも借りながら、便秘を改善していきましょう!

直腸性便秘についての詳細記事はこちら!
👉👉直腸性便秘とは?原因と改善方法!骨盤底筋の矯正、排便時の姿勢、病院


まずは原因を知ることから始めましょう!