便秘解消をするための対策のひとつとして、マッサージが注目を集めています。

その中でも「たけしのみんなの家庭の医学」「はなまるマーケット」でも取り上げられていた話題のマッサージがdr水上の「ねじれ腸マッサージ」

これは、国立病院機構、久里浜医療センターにて、内視鏡検診センター部長、医学博士でもある水上 健さんが、提案したものです。

長年の内視鏡検査経験から、「ねじれ腸」なるものを発見し、その症状を改善する方法として、提唱しているマッサージです。

生活習慣や食習慣を整えても、便秘が改善しないという方は、ねじれ腸を疑ってもいいかもしれません。

ねじれ腸とは?

ねじれ腸とは「腸管形態異常」ともいわれ、大腸の一部がねじれている状態をいいます。

よくある大腸の絵のような、腸を持っている人は2割程度で、日本人の8割は多かれ少なかれ、腸がねじれているともいわれています。

このねじれた部分に、便が詰まってしまい便秘になり、さらには、溜まった便の重さで、大腸が伸びて絡みやすくなりねじれてしまう、
という悪循環が、慢性的な便秘を引き起こしています。

しかも、ねじれ腸は、遺伝的な要因が大きく、完全に治療することは難しい症状なのです。

ねじれ腸の症状は?

ねじれ腸の可能性が高い人は、以下のような症状を持っている、といわれています。

  1. 子供の頃から便秘がち
  2. 腹痛を伴う便秘になる
  3. 便秘後に下痢になる
  4. 運動量が減った途端に便秘になる

特に2のように、便秘でお腹が痛くなる場合は要注意。

腸が動いているのに、ねじれている所で便が引っ掛かっている為、排便できない状態になっています。

ねじれ腸マッサージの方法

ねじれやすい箇所は、「下行結腸」「横行結腸」「S字結腸」の全部で3箇所!

ねじれ腸マッサージでは、このポイントを揺らすことによって、排便を促します。

⓵下行結腸へのマッサージ

1. 膝を立てて、腰の下にクッションなどを敷きます。

2. 右手はおへそに、左手は左わき腹に指先を当てて、1分程突くように揺らします。

3. 腸を揺らしながら、上下に行ったり来たりさせて、下行結腸全体に刺激が伝わるようにします。

お腹が自然に凹む程度の強さで、これを約分程度行います。

腸を揺らすような感覚で、マッサージしましょう!

⓶S字結腸へのマッサージ

1. 下行結腸へのマッサージと同じ姿勢で行います。

2. 左右の指の腹を使って、おへその下から恥骨に向かって、腸を左右に揺らしていきます。

約1分程度、繰り返しましょう。

3. 次に、恥骨からおへその下に向かって、腸を持ち上げるような感じで、1分程マッサージをします。

これも上下に行ったり来たりしながら、腸全体を揺らすイメージで行います。

⓷横行・下行結腸のつなぎ目へのマッサージ

1. 立った状態で両足を肩幅、もしくは、少し広いぐらいに広げます。

2. 両手を水平に広げ、上体を左右交互にひねります。

お腹を揺らしているというイメージを持って行うとより効果的です。

約1分程度行ってください。

この⓵~⓷のマッサージをを1セットとして、朝食前と就寝前の2回行います。

1回約4分間、1日たった8分間!

ねじれ腸そのものを治すものではありませんが、便秘解消すっきり効果を期待できるマッサージです。

何をしても便秘が治らなかった方、ぜひ一度お試しくださいね!

また、マッサージと共に、食生活を整えることも大切ですね!

〇〇〇〇で、さらに効果的にスッキリ実感!

そこで、これらのマッサージと共に、毎日の習慣としておすすめなのが、飲み物や食べ物にスプーン1杯のオリゴ糖をさっと混ぜて、とりいれること!

便秘に長年悩まされていた私が、これだけで、さらなるスルッとスッキリ効果を実感しました!

オリゴ糖は「水溶性食物繊維」に分類され、便に水分を含ませて柔らかくし、便のすべりを良くする効果があります。

さらに、腸内に生息する善玉菌のエサとなり、腸内環境を整えてくれます。

オリゴ糖の健康への嬉しい効果や、すっきりに効くオリゴ糖の選び方を知りたい方は、こちらも合わせて見てみてくださいね!

オリゴ糖についての詳細記事はこちら!↓↓↓
>>オリゴ糖とは!その効果と便秘への有効性を紹介!<<

腸内環境を整えるとこんなに嬉しい効果があるのですね!