お腹の赤ちゃんが成長してくれるのはとても嬉しいことですね。

でも、赤ちゃんがお腹の中で大きくなるに伴って、様々な妊娠中の身体の変化を経験することになります。

その中でもマイナートラブルとして多いのが「便秘」

なんと、7割もの妊婦さんが便秘を経験しているといわれています。

普段は便秘とは縁のなかった人も、妊娠してから便秘に悩まされるようになったり・・・

なんとかしたくても便秘薬には頼りたくないし、お腹をマッサージすることもできません。

今回は、妊婦さんが経験する便秘の原因、そして、妊婦さんにおすすめの便秘解消法6つをご紹介します!

妊娠中に便秘になる原因とは?

妊娠初期の便秘:妊娠中のホルモンの影響とつわり

腸のぜんどう運動が低下し、便を押し出す力が弱まることで起こる便秘を、「弛緩性便秘」といいます。

妊娠すると、妊娠を継続するために必要な、プロゲステロンというホルモンが分泌されます。

これには、胃や腸の筋肉を緩める作用があり、腸のぜんどう運動も抑えられるので、便秘になりやすくなります。

また、つわりで食事の量が減ったりすることで、便のかさが減り便秘につながることがあります。

妊娠中期から後期の便秘:子宮が腸を圧迫する

妊娠中期になると赤ちゃんが成長し、子宮が大きくなることで大腸を圧迫し始めます。

さらに、妊娠後期に入ると子宮がより大きくなり、小腸や大腸は背中の方へ移動します。

それにより大腸は圧迫され、排便がスムーズに行われにくくなり、さらに、便が長く腸に留まることで、水分が吸収され便が硬くなり
便秘になってしまいます。

妊娠中の骨盤のゆがみ、広がる、子宮が下がる?!

妊娠すると、骨盤は出産に向けて、徐々に広がっていきます。

そのため妊娠中は、骨盤回りの筋肉や、靱帯が緩み、骨盤が歪みやすくなるのです。

骨盤が歪んだまま広がってしまったり、骨盤回りの筋力の低下して、骨盤が広がりすぎてしまうと、子宮が下へ下がってしまいます。

この「骨盤の広がり」「歪み」、そして「子宮が下がりすぎる」ことが、便秘や尿漏れなどのトラブルを引き起こします。

妊娠中の便秘におすすめの方法⓵コップ一杯の水とトイレに行く習慣

便秘解消のために水を飲むのに、一番いいタイミングは朝起きたらコップ一杯の水を飲むこと
(200ml程度)

一晩寝て空っぽになった胃に水が入ることで、胃が活動し始め、その信号を受けて、腸がパチッと目を覚まして、大腸が蠕動運動(ぜんどううんどう)を起こし便をS字結腸から直腸へ送り出します!

無理せず自然に排便を行う、手助けをしてくれるのです。

お水を飲んだら毎朝トイレに行く習慣をつけるとよりいいですね。

根気よく続けていれば、朝、便意が起こるリズムがついてきます。

日中も便意が起きたら我慢せず、トイレに行くようにしてください。



妊娠中の便秘におすすめの方法⓶オリーブオイルを摂る

私達の生活に身近な油「オリーブオイル」

これが自然界の下剤ともいわれ、飲むと便通が良くなる効能があるのです。

便秘解消に有効な成分は、オリーブオイルに含まれる「オレイン酸」

腸まで届くと腸を刺激し、ぜんどう運動を促してくれます。

さらに、オリーブオイルは、便を柔らかくし便の通りがよくなったり、潤滑油の役割を果たすことで、腸管の通りが良くなります。

オリーブオイルを摂るのにおすすめなのが、排泄力が高まる「朝」

朝食と一緒に飲んだり、サラダにかけたりして摂取します。

オリーブオイルの中でも、便秘解消に効果があるのが「エキストラバージンオリーブオイル」

IOC(国際オリーブ協会)基準を満たした良質のオイルを大さじ1杯とりましょう!



妊娠中の便秘におすすめの方法⓷便秘を解消体操

まずは準備体操です。

両手を伸ばして肩回し、前回し、後ろ回し各5回ずつ行ったら、深呼吸をします。

1. 両足を無理のない範囲広げます。

2. 両手を水平まで挙げます。

3. 片方の手を上に向けて、反対の手は太ももに付けます。

4. その状態のままゆっくり息を吐きながら体を倒していきます。

5. ゆっくり戻ったら手のひらをひっくり返して、反対側も行います。

お腹に無理をせず、ご自身の気持ちいい状態行ってください。

5~10回行います。

腸内環境を整え、便秘や腰痛を解消につながる運動です!

妊娠中の便秘におすすめの方法⓸適切な運動

妊娠中の適度な運動は、出産に向けての体力の強化、むくみや便秘、腰痛などの妊婦独特の不快症状の緩和など、さまざまな嬉しい効果を
もたらしてくれます。

胎盤が形成される妊娠15~16週になってから、かかりつけの医師と相談の上、運動を始めてみてください。

おすすめの運動が、ウォーキングやマタニティースイミングなどの「有酸素運動」

ウォーキングは、しっかりと地面を踏みしめて歩くことで、腹筋が刺激され便秘に効果があります。

マタニティースイミングは、浮力を使って体を楽に動かすことができ、背筋を使う動きが多いので、背中側にある腸を刺激します。

また、家にいる時は、窓ふきや四つん這いになる拭き掃除もおすすめです。



妊娠中におすすめの便秘を改善する体操についての詳細記事はこちら!↓↓↓
>>妊娠中の便秘解消!体操でお腹も心もスッキリ!<<

適度な運動はストレス発散にもなって、いいですね。

妊娠中の便秘におすすめの方法⓹ハーブティー・お茶で便秘解消

ノンカフェインなので妊婦さんにも安心で、飲んで心が休まる、ローズヒップティーとたんぽぽ茶には、便秘に悩む妊婦さんに嬉しい効果が
沢山入っています。

ローズヒップティー

ローズヒップに含まれるビタミンCは、レモンの約20倍と多いのです。

ビタミンCの多くは吸収され、吸収されなかったものは大腸まで届き、乳酸菌などの善玉菌を増やしたり、便をやわらかくしてくれる作用があります。

それに加えてペクチンという、水溶性の食物繊維も含まれています。

たんぽぽ茶

たんぽぽの根には「イヌリン」という、水溶性食物繊維が含まれています。

水溶性の食物繊維は便を軟らかくする働きがあり、スムーズな排便を促してくれます。

また、イヌリンは腸まで届き、フラクトオリゴ糖に分解されて、善玉菌のエサになり、腸内環境を整えてくれます

ローズヒップティーもたんぽぽ茶も、便秘に悩む妊婦さんの強い味方ですね!


妊娠中でも大丈夫!便秘におすすめの飲み物についての詳細記事はこちら!↓↓↓
>>妊娠中の便秘!飲み物で手軽に便秘を改善しよう!<<

妊娠中の便秘におすすめの方法⓺「快適スルン」のサポート

健康食品を取り入れたくても、妊娠中だと何がいいのか分からず心配ですよね。

そんな方に朗報です!

妊婦さん専用に企画された、便秘解消健康食品があるんです。

その名も『快適スルン』

完全無添加で作られていて、お腹の善玉菌を増やしてくれる「ビートオリゴ糖」、りんごやキビ砂糖の食物繊維と、便秘に嬉しい成分が配合されています。

さらに、妊婦さんは絶対摂るべき「葉酸」と「カルシウム」まで配合されているのです。

便秘解消のためだけでなく、お腹の赤ちゃんにも優しい、妊婦さんのための『快適スルン』で、スッキリしましょう!

飲み方も、水に溶いて飲むだけと簡単ですよ。

まずは、こちらをのぞいてみてくださいね。

気になる!『快適スルン』の詳細情報はこちら!↓↓↓

【期間限定ポイント10倍】快適スルン ≪葉酸配合≫ 袋入りタイプ【メール便】 マタニティー 妊婦 プレママ マタライフ ママ すっきり 葉酸 オリゴ糖 妊活 産後 無添加 オーガニック

いかがでしたでしょうか。

どの方法も無理せず簡単に生活の中に取り入れることができます。

まずは試してみたいな、と思うことから、ぜひ始めてみてくださいね!