便秘には 「食生活を整えること」がとても大切です。

排便は食事をすることで促されるといわれています。

便の素となる食べ物を見直して、スムーズで自然なお通じを目指しましょう。

といっても、毎日忙くて食べ物に気を付けるのは大変!という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

という事で今回は、コンビニで手軽に手に入って、かつ便秘におすすめの食べ物5選を紹介します♪

便秘におすすめ3つの成分とは?

まず、便秘におすすめの食べ物に含まれる3つの成分を紹介します。

食物繊維

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があります。

水溶性食物繊維

水に溶ける性質を持つ食物繊維で、果物や海藻類などに多く含まれていて、便を柔らかくし排便しやすくしてくれます。

不溶性食物繊維

穀物、根菜など、繊維質の多い、野菜や豆類に多く含まれる食物繊維です。

水に溶けずに水分を吸収してふくらみ、便のかさを増やして腸管を刺激することで、腸のぜん動運動を促します。

食物繊維を取るポイント

便が硬くなりがちなら「水溶性」
下痢になることがあるのなら「不溶性」

を多めにとるようにしてください。

オリゴ糖

オリゴ糖の嬉しい働きはその「整腸作用」にあります。

オリゴ糖は、腸内にいる善玉菌のエサになり、善玉菌が増え、元気になることで腸内環境を整えてくれるのです。

またオリゴ糖は、それ自体が消化されずに、水分を含んだまま腸まで行きます。

そして、便のかさを増すことで排便を促します。

乳酸菌

善玉菌の仲間である乳酸菌は、腸内を善玉菌が増えやすい環境に整えてくれます。

そして乳酸菌が作り出す乳酸は、腸のぜんどう運動を促すのです。

もうひとつ乳酸菌の嬉しい働きは、便の水分量を適切な量に調整してくれること!

便の水分が不足してしまうのを改善してくれるのです。

便秘におすすめコンビニで買える食べ物5選!

それでは食物繊維・オリゴ糖・乳酸菌を含んだ、コンビニでも買える便秘におすすめの食べ物を見ていきましょう!

1. プルーン

2種類の水溶性・不溶性の食物繊維をバランスよく含んでいて、ソルビトールという、便が硬くなるのを防ぐ働きを持つ成分も含まれています。

ドライプルーンを、夕食後のデザートに2~3個を目安に食べるのがおすすめです。

2. バナナ

バナナには「レジスタントスターチ」という、水溶性・不溶性食物繊維の、両方の性質を兼ね備えているという、でんぷん質が沢山含まれています。

また、バナナはオリゴ糖が含まれています。

これらの成分が善玉菌の働きを活発に、かつ、働きやすい環境を作ってくれます。

ビフィズス菌・乳酸菌が豊富な、ヨーグルトと一緒に食べれば。よりよいといわれています。

3. りんご

りんごに含まれる「アップルペクチン」は便秘の強い味方!

腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えたり、腸内の有害物質を体外へ排出してくれます。

皮にこの成分が多く含まれているので、皮ごと食べてもいいですね♪

4. ヨーグルト、チーズなどの乳酸菌・発酵食品

ヨーグルト、チーズ、ぬか漬け、キムチ、納豆、味噌などの乳酸菌・発酵食品です。

ヨーグルトは自分の腸との相性があるので、10日程続けても変化がないと感じた場合は、違うヨーグルトを試すといいでしょう。

りんごが入っているヨーグルトや、ヨーグルトとバナナを一緒に摂るのがおすすめです!

チーズは加工されていない、ナチュラルチーズを選びましょう。

食事にぬか漬けやお味噌汁をプラスするのもいいですね♪

5. オリーブオイル

オリーブオイルの一種である、エキストラバージンオリーブオイルを、毎日大さじ2杯(そのうちの1杯は朝)飲むのがおすすめです。

オリーブオイルの主成分「オレイン酸」が大腸で腸管を刺激し、ぜん動運動を促します。

また、オリーブオイルが潤滑油の役割を果たし、排便をスムーズにする働きもしてくれます。

ぜひコンビニに行ったら、これらの食材を試してみてくださいね。