ストレスと便秘・・・。

「一体どう関係してくるの?」

そんな疑問を抱いている方は多いと思います。

ストレスは脳で感じますが、「脳腸相関」という言葉がある様に、ストレスと腸には大きな関係があるのです。

今回は、ストレスが原因で生じる便秘についてご紹介していきます。

解消方法もご一緒に紹介していきます!

ストレスと便秘?どう関係しているの?

交感神経と副交感神経は、共にバランスを取り合って、私たちの生命活動を支えています。

しかし、そのバランスを損なう事で、人体に様々な不調をもたらします。

これが自律神経のバランスが崩れている、という状態です。

程よいストレスは、交感神経を、適度に活性化させる働きがあります。

しかし、ストレスが強すぎる場合は、交感神経が過度に働いてしまい、副交感神経が働かなくなってしまうのです。

副交感神経は、腸内の働きを司っていますが、交感神経の過度な働きにより、副交感神経の働きが鈍くなると、大腸の蠕動(ぜんどう)運動に不調が出ます。

蠕動運動は、大腸の筋肉が収縮する事で、便を肛門まで押し出すという、排便に欠かせない大切な腸の働きの事。

強いストレスによって、自律神経が崩れると、蠕動運動が過剰に行われてしまい、腸が痙攣した様な状態になってしまいます。

すると、便が出口を行ったり来たりして、なかなか古い便が出せなくなってしまい、便秘となります。

これこそが、ストレスが便秘の原因となってしまう関係です。

この状態を「痙攣性便秘」といいます。

では、痙攣性便秘について、詳しく見ていきましょう!

ストレスが原因の便秘は痙攣性便秘?症状

「便秘」と一言で言ってしまいがちですが、便秘には種類があるってご存知でしたか?

便秘には「弛緩性便秘」「器質性便秘」、そして、ストレスにより発症する便秘の代表格である「痙攣性便秘」です。

痙攣性便秘の主な症状を、ご紹介します。

1・・・便秘と下痢を何度も繰り返す。

2・・・下腹部痛を伴う。

3・・・硬そうなコロコロとした便が出る。

4・・・残便感がある。

あなたは、この症状に当てはまっていませんか?

ぜひ、セルフチェックしてみて下さい。

痙攣性便秘は過敏性腸症候群の可能性が!

「長期に渡り、痙攣性便秘の症状が表れている」「症状が酷過ぎて、日常生活が困難になってきた」

この様な状態の方は、過敏性腸症候群の可能性があります。

お腹の不調は、重症化する前に医療機関を受診しましょう。

20代~30代の方が発症しやすい過敏性腸症候群は、長期化すると精神的・体力的に厳しくなってきます。

すると、それがストレスになり、さらに重症化してしまうケースは珍しくありません。

私も経験しましたが、悪循環に陥ってしまうと、非常に辛いです。

日常生活が、ままならなくなる前に、早めの改善を心掛けましょうね!

ストレスが原因の痙攣性便秘を治すには?解消法

①崩れてしまった自律神経のバランスを元に戻す。

自律神経を正常に戻すには、規則正しい生活を送る事が肝心です。

起床・就寝時間がバラバラの方は、なるべく同じ時刻に起きる・眠れる様に、日常生活を見直してみましょう。

②生活に運動を加えて、運動不足解消を目指す。

ウォーキングやジョギング等の、有酸素運動が自律神経に有効的です。

つま先立ちが、血行をよくし、お尻やお腹周りの筋肉を強化させ、排便をサポートしてくれるってご存知でしたか。

つま先立ちの便秘解消効果についての詳細記事はこちら!↓↓↓
>>便秘解消にすぐ効く?!つま先立ちで便秘解消!<<

③質の良い睡眠をとり、心身の疲れを解消する。

ただ睡眠をとるだけではなく、良質な睡眠をとれる様に工夫しましょう。

間接照明やアロマ等を使用し、リラックスできる空間をつくる事がおすすめです。

男性なら、寝具等にこだわってみると良いかもしれませんね。

そして、就寝前のPCやスマホの操作は控える事を、忘れないで下さいね!

④元気の源である朝日を、適度に浴びる。

朝に太陽の光を浴びると、体内時計を正常に機能させる効果を得る事ができます。

その上、太陽の光を浴びると、神経伝達物質の一つである、セロトニンが活性化されます。

セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれており、心の安定に効果的です。

セロトニンが不足してしまうと、うつ病や自律神経失調症、パニック障害等の精神疾患のリスクが高くなってしまいます。

又、セロトニンは、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を促します。

メラトニンは、睡眠の質を高めてくれる効果がありますので、睡眠障害の改善にも繋がるのです。

⑤食事はバランス良く摂取する。

肉料理中心の食生活は、腸内環境を悪化させてしまいます。

肉・魚・野菜・乳製品等、食材のバランスを考えて、食生活を改善していきましょう。

朝昼晩、どのような食べ物を、どのように食べ合わせればいいのかは、こちらの記事に載っていますので、どうぞ見てみてくださいね!

便秘解消に効果的な”1日の食事の仕方”についての詳細記事はこちら↓↓↓
便秘解消にすぐ効く食べ物!~便秘知らずの腸を育てる3つの食材~

1日でも早くすっきりを実感できますように!

生活を見直して痙攣性便秘を撃退しよう!

今回は、ストレスの影響で生じる便秘についてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?

原因がストレスなだけに、「根本となっている悩み」を改善しない限り、再発の恐れがあります。

現代社会において、ストレスフリーなんて事はあり得ないと思います。

上手くストレスを発散できる方なら良いのですが、難しいと感じている方は、心療内科の受診や、カウンセリングを受けてみるのも、一つの改善法ですよ。

ご自身の体調と心の状態を、今一度、見つめ直してみて下さいね。

〇〇〇〇で、さらに効果的にスッキリ実感!

毎日の習慣としておすすめなのが、飲み物や食べ物にスプーン1杯のオリゴ糖をさっと混ぜて、とりいれること!

便秘に長年悩まされていた私が、これで、さらなるスルッとスッキリ効果を実感しました!

オリゴ糖は「水溶性食物繊維」に分類され、便に水分を含ませて柔らかくし、便のすべりを良くする効果があります。

さらに、腸内に生息する善玉菌のエサとなり、腸内環境を整えてくれます。

オリゴ糖の健康への嬉しい効果や、すっきりに効くオリゴ糖の選び方を知りたい方は、こちらも合わせて見てみてくださいね!

オリゴ糖についての詳細記事はこちら!↓↓↓
>>オリゴ糖とは!その効果と便秘への有効性を紹介!<<

腸内環境を整えるとこんなに嬉しい効果があるのですね!