我が子が便秘で苦しそうにしている姿を見るのは、こちらも辛いですよね。

私の息子も、沢山食べていて、元気にしているのに、便秘に悩まされていました。

子供が便秘になってしまうには、このような原因があります。

まずは、便秘となる原因を取り除くことが大切です。

また、薬を使わずに、子供の便秘をすぐ解消する方法も、ここでご紹介しています。

どれも簡単な方法ですので、ぜひお試しください。

子供の便秘の原因とは?

腸内環境の悪化

便秘の原因としてよくいわれるのが、食生活の問題や、運動不足、ストレスです。

それらが便秘を引き起こすことは確かですが、根本の原因として、腸内環境が整っていないと、便秘を解消と試みても、効果が表れにくくなります。

大人と同様で、子供も腸内環境が悪化すると、便秘を生じます。

腸内環境を整えるのに大切なのが「規則正しい生活」です。

規則正しい生活を続けることで、自律神経が正常に働き、体のバランスを整え、排泄機能にもよい影響をもたらします。

水分不足

便に含まれる水分量が少ないと、排便がスムーズに行われず、便秘を招いてしまいます。

子供の場合、大人よりも汗をかきますので、こまめな水分補給が必要です。

体重10kg未満・・・100×体重=理想の水分摂取量

体重10kg以上、20kg未満・・・1000+50×(体重-20)=理想の水分摂取量

体重20kg以上・・・1500+20×(体重-20)=理想の水分摂取量

上記の計算式を元に、子供に水分補給させましょう。

運動不足

運動不足も、便秘の原因の一つです。

お腹やお尻周りの筋力が低下すると、便を押し出す力が弱くなってしまう為、便秘を招くのです。

適度な運動をさせましょう。

体が疲れる事で、睡眠の質が良くなり、生活習慣の改善にも繋がりますよ。

トイレに行く習慣が定着していない

決まった時間にトイレに行く習慣がないと、子供は便秘になりがちです。

排便の習慣を付けてあげる事が大切なのです。

朝食後は便意を感じやすい為、「毎日朝食が終わったら、トイレに行く」という決まりをつくってあげるのもいいですね。

トイレ・排便が怖い

「以前、排便の際に強い痛みを感じた」「トイレに失敗して大人に叱られた」等の経験によって、トイレや排便を避け、便秘になってしまうケースもあります。

子供は、一度恐怖を感じてしまった事は、避けてしまいがちです。

トイレに失敗しても叱らない・トイレは怖くないと、教えてあげる事が大切です。

又、便秘が続き、排便の際に痛みを感じそうだと判断した場合は、肛門付近を温めてあげたり、ベビーオイル等を塗って肛門の周りをマッサージしてあげましょう。

すぐに効く子供の便秘解消法!

子供の便秘解消には、なるべく薬は使いたくありませんよね。

ここでは、薬を使わずに便秘を改善する方法をご紹介します。

ツボ押し

便秘に効果的なツボを、2つご紹介します。

*合谷(ごうこく)・・・手にあるツボで、親指の骨と人差し指の骨の、合流地点にあります。

子供が痛がらない程度に、グーっと押し込み、合谷のツボを刺激しましょう。

*天枢(てんすう)・・・おへそから、指3本分離れたところにあるツボで、おへその左右に存在します。

子供の様子を見ながら、少し強めに押し込み、ツボを刺激しましょう。

マッサージ

大人にも、子供にも効果がある、「の」の字マッサージを行いましょう。

腸の形は「の」の字の様になっていますので、その形に添ってお腹をさすってあげる事で、排便を促す事ができます。

本人から見て、おへその右上から「の」を描く様にマッサージしましょう。

時計回り・反時計回り、各3分程を目安に行ってあげましょう。

めん棒で浣腸

大人用のめん棒に、ベビーオイルを十分に含ませ、お尻の穴に入れます。

めん棒の先端が、隠れる位まで入れましょう。

子供用のめん棒は先端が硬く、小さい為に、お尻の穴を傷付ける可能性があります。

必ず、大人用のめん棒を使いましょうね。

又、お尻に傷がある場合や、子供が怖がったり、痛がったりする場合は、無理にしないで下さい。

水分補給

先程もご紹介しましたが、水分不足は便秘を招きます。

よって、しっかり水分を補給する事で、便秘を解消できるのです。

飲む物は、白湯がお勧めです。

他にも、牛乳や柑橘系のジュースも効果的ですよ。

しかし、冷たい飲み物は内臓を冷やし、腸の動きも悪くしてしまいます。

常温の飲み物や温かい飲み物を、積極的に与えましょう。

子供の便秘解消には体に優しい方法で!

今回は、すぐに効果が表れる、子供の便秘解消法をご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?

子供の体は、大人よりも弱いですので、便秘薬を使わずに治してあげたいですよね。

便秘に苦しむお子様の為にも、家族揃って、便秘解消を手伝ってあげましょう。

しかし、酷い腹痛や吐き気等の症状がある場合は、早めに病院を受診しましょう!

お子様の便秘解消を軽視せず、しっかり対処してあげましょうね。