子供が、慢性的な便秘を抱えていることは、決して珍しいことではありません。

子供の便秘は、食生活が主な原因ですが「いったい何を食べさせれば良いのか分からない」という方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、子供の便秘におすすめの食べ物をご紹介します。

子供の便秘だけでなく、大人にもおすすめの食べ物をご紹介していますので、ぜひご家族で実践してみてくださいね!

子供の便秘におすすめの食べ物とは?

排便を促す栄養素の代表、として挙げられるのが、食物繊維です。

でも、正しい摂取方法でないと便秘を悪化させてしまう可能性があるのです。

食物繊維には2種類あるってご存知でしたか?

ここでは、食物繊維の種類と、どんな食べ物に含まれているかを、ご紹介していきます。

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維には、便に含まれる水分量を増加させ、便を柔らかくする働きがあります。

便が柔らかくなると、排便がスムーズに行き、スルンと便が出る様になるのです。

以前、硬い便を出して肛門に痛みを感じた為、トイレを我慢している子供は便秘になりやすいといわれています。

便を柔らかくする食べ物で、排便痛をなくしてあげましょう。

お子様には「これを食べたから、うんちしても痛くないよ」と教えてあげたら、我慢せず安心してトイレに行けるようになるかもしれませんね。

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維は、胃や腸で水分を吸収し、便のかさを増やす効果があります。

便のかさが増えると、便が腸を刺激し、便を押し出す蠕動(ぜんどう)運動が活発に働く様になります。

よって、便通を良くすることに繋がるのです。

こんな食べ物に食物繊維が豊富です

水溶性食物繊維の含有量が多い食品→ゆりね・ニンニク・山芋・こんにゃく・らっきょう・白きくらげ・なめこ 等

不溶性食物繊維の含有量が多い食品→大豆やインゲン豆等の豆類・サツマイモやサトイモ等のイモ類・きのこ類・ブロッコリー・グリンピース・ニラ 等

どちらもバランス良く含まれている食品→ゴボウ・オクラ・ニンジン・サツマイモ・ニンニク・アボカド・きんかん・納豆・ライ麦パン 等

この2種類の食物繊維は、バランス良く摂取する事が肝心です。

「不溶食物繊維2」に対し「水溶性食物繊維1」のバランスで、両方の食物繊維をとるようにしてみましょう。

食物繊維のバランスを踏まえた上で、献立を考えてみるといいですね。

おやつは便秘におすすめの食べ物を!

子供の大好きなおやつの時間。

その際、スナック菓子や甘い物ではなく、排便の手助けとなる食べ物を食べるといいですね。

フルーツやヨーグルトなどを、ぜひ取り入れてみてください。

食物繊維が豊富な果物

食物繊維が豊富な果物には、下記の種類があります。

・バナナ ・イチゴ ・キウイ ・レモン ・ラズベリー ・ブルーベリー ・きんかん 等

そのまま摂取しても美味しく頂けますが、野菜と合わせてスムージーにするのもお勧めです。

又、フルーツを角切りにして、ヨーグルトに混ぜるのも良いでしょう。

ヨーグルトやスムージーに、オリゴ糖やはちみつを入れるのもおすすめですよ。

ホットヨーグルト

冷たいヨーグルトは腸内を冷やし、腸の働きを鈍くしてしまうことがあります。

よって、ホットヨーグルトが便秘におすすめです。

ヨーグルト(100g)に、水(スプーン1杯分)とはちみつ(大さじ1杯)を入れ、レンジで50秒温めます。

温めすぎると、乳酸菌の効果が薄れてしまいますので、注意して下さいね。

はちみつの代わりに、オリゴ糖を入れるのもいいですね。

はちみつやオリゴ糖には、腸内環境を整える働きがありますので、ホットヨーグルトに混ぜる事で、さらにお通じが促されますよ。


お子さんにも安心して使えるオリゴ糖とは!↓↓↓


プルーン

プルーンには、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方が、豊富に含まれています。

又、マグネシウムやカリウムも含まれていますので、蠕動運動を活性化させる効果もあるのですよ!

プルーンは、生の物より、ドライプルーンがお勧めです。

もし、お子様が苦手なら、細かく刻むかペースト状にして、ジャム等に混ぜると良いでしょう。

ヨーグルトに入れても、食べやすいですよ。

子供の便秘におすすめの食べ物で排便をサポート!

今回は、子供の便秘におすすめの食べ物をご紹介してきました。

お子様の便秘に、薬は極力使いたくない方は、食生活から改善してあげましょう。

又、今後、便秘が癖にならない様に、自然な排便を習慣化させる事も大切です。

腸の動きが良くなるのは朝ですので、便意に関係なく、朝食後にはトイレに座ってみる等の練習を行ってみましょう。

お子さんのすっきりを応援します!