「便秘解消にお灸が良いって聞いたけど・・・」

「じんわり温まるお灸で、便秘解消を試みたい!」

そんなお悩みを抱えている方へ!!

今回は、便秘解消に効果的なお灸のツボをご紹介していきます。

お灸を行いやすい部位のツボをご紹介していますので、気軽にお試しいただけますよ。

又、お灸を行う際の、ポイントや注意点も記載していますので、ぜひ最後までご覧下さい!

便秘解消に効くツボにお灸をプラス!

天枢(てんすう)

天枢はお腹にあるツボで、おへそから指3本分外側に位置するツボです。

おへその左右にありますので、お灸を行う際は、この両方に置くと効果的です。

天枢は、腸の働きを整える効果があります。

又、冷え・風邪・肩こり等、様々な不調を改善する効果もあるのです。

神門(しんもん)

手と手首の境目を折り曲げると、しわになる部分がありますよね?

小指から掌に沿って、このしわの部分まで真っ直ぐ下りてきた所に、神門があります。

筋と骨の間で、くぼんでいる所が神門になりますので、指で確認すると分かりやすいと思います。

神門には、自律神経を整える効果がありますので、ストレス性の便秘にも効果的ですよ。



>>長年悩んでいた私でも、手軽にスッキリできた方法とは!<<

足三里(あしさんり)

足三里は、膝の外側にあり、膝のお皿の下から、足の方に向けて、指4本分下がった所にあるツボです。

「万能のツボ」とも言われ、便秘解消の他にも、血行促進効果や疲労回復効果もあります。

お灸を行う時のポイントや注意点は?正しく使って便秘解消!

お灸を行う際のポイント

お灸には種類があり、火を使うタイプと使わないタイプがあります。

どちらも効果は同じですので、初心者の方は、火を使わないタイプから初めてみると良いでしょう。

又、初めの内は、1つのツボに対し、1日1回を目安にお灸をすえましょう。

そして、1つのツボに対し、3個までお灸を置く事ができますが、まずは1個だけ置いてみて、熱さを確認しましょう。

血行が悪くなっているツボは、お灸の熱が伝わりにくくなっている可能性がありますので、全く熱さを感じない場合は、1個ずつお灸を増やしていきます。

お灸を行うタイミングは、入浴後・食後・飲酒後等の血行が良くなっている時に行うと、お灸の効果が出にくいです。

これら以外のタイミングで行いましょう。

就寝前等の、リラックスタイムに行う事がオススメですよ。

お灸を行う際の注意点

お灸は、熱ければ熱い程、効果を得られるというわけではありません。

よって、「熱い!」と感じた際は、すぐにツボから外して下さい。

しかし、お灸の熱さは、体調によって変わってきますので、「熱くてお灸ができない・・・」と諦めずに、後日再トライしてみましょう。

又、気候や体調によって、お灸を行うと、発疹・水疱・かぶれ・腫れ・火傷等の症状が表れる可能性があります。

その際は、直ちに使用をやめ、医師に相談しましょう。

便秘解消に効果的なツボにお灸をすえて更なる効果を!

今回は、便秘に効果的なお灸のツボや、お灸のポイント・注意点をご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?

頑固な便秘には、ツボが効果的で、さらに即効性もあります。

そんなツボに、お灸をすえる事で、さらに効果がアップします。

お灸を正しく使用し、毎日スッキリ生活を送りましょう!

又、お灸と共に、生活習慣や食生活の改善も忘れないで下さいね。

そして、便秘改善のためには、水分を適切にとることが大切です。

便秘によい飲み物で、すっきりをサポートしていきましょう!

便秘におすすめの飲み物についての詳細記事はこちら!↓↓↓
>>便秘解消にすぐ効く飲み物!~おすすめ飲み物ベスト5!<<

これらの飲み物をさらに効果的にするには?!