「便秘だけでも辛いのに、吐き気や頭痛まででする・・・」

そんなお悩みを抱えていませんか?

便秘・吐き気・頭痛は、どれも繋がりがなさそうですが、実は重大な関係があるのです!

そこで今回は、便秘が、吐き気や頭痛を招く理由をご紹介していきます。

又、対処法もご紹介していますので、ぜひご参考にして下さい。

便秘が吐き気や頭痛を招くのは何故?

便秘だけでも不快感があるのに、吐き気や頭痛まであるのは辛いですよね。

便秘になると、なぜ他の症状まで怒ってしまうのか、原因を知ることは大切です。

吐き気が起きる理由とは?

便秘になると、腸内に便が溜まり続けてしまいますよね?

しかし、軽い便秘だと、気にせず食事をしてしまいます。

すると、腸内にはどんどん便が溜まっていき、いずれいっぱいになってしまいます。

しかし、ここでも便秘が解消されずに、食事を取り続けると、腸に入りきらなかった食べ物は、胃で溜まり続けます。

この状態で、さらに食事を摂取してしまうと、胃も腸も容量オーバーを起こし、「これ以上は何も入らない!!」と、胃に溜まった物を逆流させようとします。

この逆流させようとする働きが、吐き気として表れているのです。

ここまで悪化してしまった便秘は、一刻も早く改善する必要があります。

今一度、生活や食事を見直し、便秘解消に努めましょう。

頭痛が起きる理由とは?

便が腸内で溜まり続けると、便が腐敗し、有毒ガスが発生します。

このガスは、腸壁を通り、血液内に侵入して、全身を巡ります。

ガスには毒素が含まれていますので、血管の密集する、肩・背中・腰に毒素が溜まり、筋肉の緊張を招いてしまいます。

すると、血行が悪くなり、脳に循環する血液量も減少します。

脳の血液量が減ると、脳が必要な栄養素を取り込もうと、血管を拡張させます。

この拡張の影響で、痛みの原因物質が生成される為に、頭痛が生じます。

頭痛は辛いものですが、頭痛薬を服用すると、便秘を悪化させてしまう可能性もありますので、下記でご紹介する対処法を、試してみて下さいね。

便秘による吐き気や頭痛を感じたら?!正しい対処法で体を楽にしよう!!

吐き気の対処法

吐き気を感じた際は、吐いてしまう事がベストです。

体が楽になろうとして、あなたに吐き気を感じさせているからです。

体の声に耳を傾け、無理せずに吐いてしまいましょう。

又、吐き気のある間は、食事の摂取を控え、半日~1日を目安に、プチ断食しましょう。

これ以上、体内に何も入れない事で、吐き気は楽になります。

しかし、水分補給はしっかり行って下さいね。

その際は、白湯や常温の飲み物を摂取しましょう。

頭痛の対処法

頭痛が酷い場合は、湯船に浸かる事が良いでしょう。

ゆっくり湯船に浸かる事で、血行が良くなり、頭痛が緩和されます。

そして、便から発生したガスの影響で、頭痛が起きていますので、体内からガス(おなら)を排出させる事も大切です。

ガスの排出と、便秘解消の両方に効果のある、「の」の字マッサージを行ってみましょう。

あなたから見て、おへその右上から、「の」の字を描く様に、ゆっくりお腹をさすりましょう。

時計回り・反時計回り、各3分を目安に行って下さい。

又、ガスの影響で血行が悪くなっている、肩・腰・背中をさする事もオススメです。

温かい手で、ゆっくりさする事で、血行が良くなりますので、頭痛の改善にも繋がりますよ。

頭痛薬はなるべく使わず、症状を緩和させましょうね。

オリゴ糖で、手軽にスッキリ実感!

毎日の習慣としておすすめなのが、飲み物や食べ物にスプーン1杯のオリゴ糖をさっと混ぜて、とりいれること!

便秘に長年悩まされていた私が、これで、さらなるスルッとスッキリ効果を実感しました!

オリゴ糖は「水溶性食物繊維」に分類され、便に水分を含ませて柔らかくし、便のすべりを良くする効果があります。

さらに、腸内に生息する善玉菌のエサとなり、腸内環境を整えてくれます。

オリゴ糖の健康への嬉しい効果や、すっきりに効くオリゴ糖の選び方を知りたい方は、こちらも合わせて見てみてくださいね!

オリゴ糖についての詳細記事はこちら!↓↓↓
>>オリゴ糖とは!その効果と便秘への有効性を紹介!<<

吐き気や頭痛を招く便秘は早めに解消しよう!!

今回は、便秘により吐き気や頭痛が起きる理由をご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?

吐き気や頭痛の対処と共に、便秘もしっかり解消していきましょう。

便秘解消には、生活習慣や食生活の改善が欠かせません。

忙しい毎日の中、これらを見直していく事は、難しいと思いますが、便秘で命を落としてしまう事もありますので、早めに改善していきましょうね。

どうしても改善できない場合は、病院を受診する事をオススメします。

上手に便秘を解消して、健やかな毎日を送れますように。