続く子供の便秘・・・。

ご家族の方としては、一刻も早く改善してあげたいですよね?

しかし、下剤等を使って排便を促すのは、好ましくないという場合もあります。

そこで今回は、薬を使わない便の出し方をご紹介します。

ご家族の方で協力し合って、子供の排便をサポートしてあげましょう!

そもそも子供の便秘の原因って?どう改善していけばいいの?

子供の便秘の原因は、生活習慣や食生活の悪化等が挙げられます。

又、トイレが怖い・失敗すると叱られる等の理由で、トイレに行くこと自体を拒み、便秘を招いている可能性もあります。

そんな子供の便秘を解消するには、規則正しい生活へと導き、栄養バランスのとれた食事を心掛ける事が大切です。

又、おやつに甘いお菓子やスナック菓子等を摂取するのではなく、ヨーグルトや果物等に変えましょう。

そして、トイレに行く習慣を付けてあげる事も忘れないで下さい。

腸の働きが良くなるのは朝です。

よって、朝食後には便意の有無に関係なく、トイレへ行く習慣を付ける練習を行いましょう。

この習慣が定着すれば、「朝にはうんちするんだ!」と子供が覚えてくれるでしょう。

子供はとてもデリケートですので、トイレトレーニングの際は叱らすに、優しく排便をサポートしてあげましょうね。

ご家族ができる子供の便の出し方⓵めん棒で浣腸

子供の便秘解消には、めん棒で浣腸してあげる事が有効です。

大人用めん棒にベビーオイルやオリーブオイル等をたっぷり含ませ、1~2cm程を目安にお尻の穴に入れましょう。

そして、円を描く様にめん棒をクルクル回し、肛門付近を刺激します。

浣腸を行っている時は、子供の様子をしっかり見ながら行い、怖がったり痛がったりした際は中止してあげましょう。

めん棒での浣腸で効果がない場合は、薬局やドラッグストアで販売している子供用の浣腸を使用すると良いですよ。

「素人が浣腸を行うのが怖い!」という方は、一度病院を受診し、医師の指示を仰いでみて下さいね。

ご家族ができる子供の便の出し方⓶シャワーで温める

まず初めに、子供のお尻の穴を見てあげましょう。

肛門から便が出かかっている場合は、シャワーで温めてあげると効果的です。

子供をお風呂場へ連れて行き、お尻にお湯を当てて温めましょう。

これにより、肛門周りの筋肉をほぐし、痛みを和らげる事ができます。

又、肛門近くにある便を少しでも柔らかくする事もできますよ。

お尻にシャワーを当てながら、出てきた便を少しずつめん棒やティッシュを使って出してあげましょう。

それでも出ない場合には、洗面器にお湯をはり、お尻を浸ける方法も有効です。

ゆっくり温めながら、便を出してあげましょうね。

子供の便の出し方を習得し便秘を解消してあげましょう!

今回は、便秘が続く子供の便の出し方をご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?

子供の便秘には、便意を我慢してしまう・出したいけどお尻が痛い・トイレが怖い等の理由で、出そうな便がなかなか出ない事がよくあります。

そんな時は、上記でご紹介した方法で、子供の排便をサポートしてあげると良いでしょう。

又、便秘解消には規則正しい生活・バランスの良い食事・適度な運動が欠かせません。

これらをしっかり行いながら、子供の便秘の解消をうながしましょう!