「うんちを出そうと頑張っている」「お腹が張って痛そう」

子供の便秘は、見ている方が辛くなってしまいますね。

でも、どのように対処すればいいのか、というのはなかなか難しいものです。

便秘で病院に行くべき目安はどれくらいなのか、子供の便秘で病院を受診する必要性や、何科を受診すればいいのか、病院ではどんな処置が行われるのか、疑問は尽きないと思います。

ということで今回は、子供の便秘と病院での受診について、詳しく紹介していきます。

一刻も早く、お子さんの便秘を解消してあげる為に、参考になれば幸いです。

便秘でも病院を受診するべきなの?

「たかが便秘で病院を受診するなんて、大袈裟過ぎるのでは・・・?」

そう考えて、ご家庭で対処しようとする方もいらっしゃるかと思います。

しかし、たかが便秘と侮っていてはいけません。

下記のような症状があったら、病院を受診することをおすすめします。

便の回数

日本内科学会によると「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある場合」を便秘と定義づけています。

しかし、排便の回数には個人差がある為、上記の条件に当てはまるから便秘であるとは限りません。

これは、子供でも同じ事が言えます。

子供が、腹痛を訴えたり、不機嫌な状態でなければ、「3日以上便が出ていないからこの子は便秘なんだ!」と焦って病院に駆け込む必要はありません。

便の出が悪いと感じた際は、まず生活習慣や食生活を整え、子供の排便を促してあげる事から始めましょう。

生活を見直しても、4日~1週間も排便がない場合は、病院を受診すると良いでしょう。

病院に行く事で、子供の便秘の状態や対処法をきちんと知る事ができます。

子供の症状

嘔吐・発熱・頭痛・激しい腹痛・血便等を伴う便秘の場合は、すぐに病院を受診して下さい。

また、食欲不振や、お尻の痛みを訴えている場合も、病院へ行く目安となります。

子供は、自分の体調不良を上手に大人に伝える事ができないので、大きな病気が隠れている可能性もありますので、必ず病院を受診しましょう。

子供の便秘は何科へ行けばいい?

子供の便秘で病院を受診する場合、小児科で問題はありません。

でも、便秘の専門科として最も理想的なのは、「便秘外来」です。

便秘外来は、便秘の治療を専門に行っていて

・個人病院や総合病院の中に設けられている場合
・総合病院や大学病院の消化器内科、胃腸科など

曜日によって開かれている場合もありますが、全国的にまだ数が少ないです。

病院で子供の便秘に行なわれる処置とは

診察

便秘で病院を受診した際は、まず便秘の度合いを確認する事から始まります。

問診・触診・レントゲン撮影等が行われるでしょう。

レントゲン撮影を行えば、便がどれ程溜まっているかが確認できるのですよ。

何度も便秘を繰り返すのなら、レントゲン設備のある病院を受診してみましょう。

処置

処置としては、薬を処方されたり、浣腸を行ったりします。

薬は「モラニック」「ラキソベロン」「酸化マグネシウム」等が処方されるでしょう。

用法・用量を守り、医師の指示に従って服用を続けていきましょう。

そして、浣腸の処置をされた場合、その手順や方法をよく見ておいて下さいね。

子供の便秘が続く際は、ご自宅でもご家族の方が浣腸をしなければいけない可能性があります。

先生や看護師さんから浣腸の方法をよく聞いておきましょう。

又、病院によっては「便通の記録用紙」を渡される事があります。

便の回数・どの様な便が出たか・浣腸の回数・薬の服用量等を記録するものです。

医師から渡された場合は、子供の体調管理の為にも、しっかり記録しておきましょう。

子供の便秘は必要に応じて早めに病院を受診しましょう!

今回は、子供の便秘に病院を受診する目安や、その処置方法をご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?

辛そうな子供の便秘を早く解消してあげる為にも、たかが便秘と思わず、病院を受診しましょう。

しかし、病院へ行って1週間もすれば便秘が治る子供もいれば、治療に長期間かかる子供もいます。

時間がかかるかもしれませんが、ご家族で協力し合って、子供の便秘を治していきましょうね。

又、頭痛・発熱・嘔吐・激しい腹痛・血便等が見られた場合は、大きな病気が隠れている可能性がありますので、すぐに病院を受診して下さい。

子供の様子を十分に把握して、便秘改善に努めていきましょう!