妊娠中の便秘・・・。

妊婦さんを悩ます体の不調の中では、上位を占めるのではないでしょうか。

「辛い便秘を解消したいけど、便秘薬は使いたくない!」という方は多いと思います。

そこで今回は、妊娠中の便秘におすすめな食べ物をご紹介していきます!

体にかかる負担を少しでも軽減できる様に、ぜひ最後までご覧下さいね。

まずは妊娠中に便秘を引き起こす理由を知ろう!!

妊娠中に便秘を招く原因として4つの事が挙げられます。

  • 黄体ホルモンの影響

一つ目は、妊娠中に分泌量が増加する「黄体ホルモン」が、腸の蠕動(ぜんどう)運動を抑制してしまう点です。

蠕動運動が鈍くなると、便を押し出す力が弱まりますので、便秘を引き起こします。

  • 運動不足

二つ目は、運動不足です。

妊娠中は運動不足になりがちですので、お腹周りやお尻周りの筋力が弱くなってしまいます。

すると、こちらも上記と同じで、便を押し出す力が弱くなるんですよ。

又、運動不足になると血行が滞りやすくなります。

血行不良は、腸の活動を鈍くしてしまいますので、便秘を招きます。

  • 子宮が腸を圧迫

三つ目は、子宮が大きくなる為に、腸が圧迫される点です。

赤ちゃんの成長と共に、子宮はどんどん大きくなります。

そして、腸を圧迫してし、便の通りを悪くしてしまう為、便秘を招きます。

  • 食事量の減少

最後の四つ目は、つわり時期の食事量の減少です。

食事量が減ると、もちろん便の量も減りますので、便の出が悪くなります。

この四つの要因が、妊娠中に便秘を招く理由です。

では、下記で便秘を解消する食べ物をご紹介していきますね!

妊娠中の便秘にはどんな食べ物が改善におすすめなの??

食物繊維が豊富な食べ物

食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類があり、これらをバランス良く摂取する事で便秘解消に力を発揮するのです。

水溶性食物繊維には、便に水分を含ませて便を柔らかくして、不溶性食物繊維には、便のカサを増やして腸を刺激する働きがあります。

この2つの働きが、スッキリをサポートするのです。

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維は、「水溶性1に対し不溶性2」の割合で摂取するのがベストといわれています。

これらの割合で2つの食物繊維が含まれているのは、下記の様な食材ですので、ぜひ積極的に取り入れてみて下さい!

・納豆 ・ごぼう ・おくら ・にんじん ・さつまいも

・ニンニク ・アボカド ・梅干し ・キンカン

・ブルーベリー ・いちご 等

乳酸菌が含まれている食べ物

乳酸菌には、腸内環境を良くし、便通を促す働きがあります。

乳酸菌を摂取する方法と言えば、ヨーグルトを食べる事ですが、乳酸菌が生きて腸まで届くヨーグルトでないと、スッキリをサポートする力はないでしょう。

ヨーグルト選びの際には、気を付けて下さいね!

又、乳酸菌は、漬物や味噌等の発酵食品にも含まれていますので、食事のお供にしてみてはいかがでしょうか。

オリゴ糖

妊娠中の便秘対策に、ぜひ取り入れて頂きたいのがオリゴ糖です。

オリゴ糖は、大腸に住む善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やす効果があります。

善玉菌の増加は腸内環境の改善に繋がりますので、スッキリが期待できるのです。

オリゴ糖は食品にも含まれていますが、多く摂取する事は難しいです。

よって、オリゴ糖食品を毎日の生活に取り入れる事がオススメです。

スーパー等で購入できるオリゴ糖は純度が低いものが多いですので、通販で購入できるオリゴ糖を選ぶと良いでしょう。

カイテキオリゴ」という商品や「はぐくみオリゴ」という商品は、オリゴ糖の純度がほぼ100%なので、便秘におすすめですよ。

赤ちゃんや妊婦さんでも安心して摂取できますので、気になったら、ぜひチェックしてみて下さい!

妊娠中の便秘におすすめの食べ物を摂取して健やかな毎日へ!

今回は、便秘におすすめの食べ物をご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?

妊娠中に感じる体の不調は、心身ともに辛いものがありますよね。

食べ物や飲み物を工夫して、スッキリしていきましょう。

又、妊娠中の便秘解消には、適度な運動や背中のマッサージ等もおすすめです。

医師からストップがかかっていないなら、軽いウォーキングやマタニティースイミング等を取り入れてみると良いでしょう。

そして、子宮が大きくなると、腸は背中に移動しますので、お尻の上や腰の辺りをさするのもいいですよ。

ぜひ、試してみて下さいね!


妊娠中でも大丈夫!便秘におすすめの飲み物についての詳細記事はこちら!↓↓↓
>>妊娠中の便秘は飲み物でスッキリしよう!<<

水分補給は便秘改善にとても大切です!