2016年9月14日に放送された「ためしてガッテン 出た!【便秘】新対策で劇的改善SP」をご覧になりましたか?

番組内では「イキイキと動く大腸を取り戻す」というテーマで「大ぜん動」にキーポイントを置いて取り上げられていました。

そこで今回は、大ぜん動と、大ぜん動を促すうつ伏せポーズについて、詳しくご紹介していきますね。

とても簡単な便秘解消法ですので、ぜひご参考にして下さい!

「ためしてガッテン」で取り上げられた大ぜん動とは!?便秘との関係とは

大腸は、食べた物を移動させる「ぜん動運動」を行いながら、栄養や水分を吸収しています。

このぜん動運動によって生じた食べ物カスを直腸まで運ぶのが「大ぜん動」です。

大ぜん動は、ぜん動運動とは違い、大腸の半分くらいから大きく収縮して便を直腸へ移動させているのですよ。

この大ぜん動は、交感神経が優位にある時には活動を休め、副交感神経が優位な時に活動を開始します。

しかし、便秘になりやすい人は、副交感神経が優位にある時間帯にも関わらず、大ぜん動が行われていないという特徴があります。

その原因は、腸内に溜まったガスの影響です。

腸内環境が悪くなると、便の腐敗が進み、腐敗ガスが生じます。

腐敗ガスには水素やメタンガスが含まれており、この毒素の影響で腸の働きが低下して大ぜん動を抑制してしまいます。

大ぜん動が正常に機能しない事で、さらに便秘を悪化させてしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

この様な便秘を解消するには、腸のガス抜きを行い、大ぜん動を促してあげる事が肝心なのです。

それには「うつ伏せゴロゴロ寝運動」がとても有効!

簡単に行えますので、ぜひ試してくださいね!

「ためしてガッテン」で紹介された便秘解消法!うつ伏せゴロゴロ寝運動をご紹介!!

手順

ステップ1:寝る前にうつ伏せの状態になり、10分間動かずに体勢を維持する

ステップ2:10分後、体を左右に転がす様に傾け、5往復する

たったこれだけです。

とても簡単ですよね!

うつ伏せになっている間、おへその辺りに枕やクッションを敷いておくと、より効果がアップしますよ。

注意点

簡単な便秘解消法ですが、注意点もあります。

1・・・高齢者の方・体の不自由な方・腰などの関節が弱い方が行うと、痛みが生じる可能性があります。

運動を行う際は、十分に注意して下さい。

2・・・妊娠初期のうつ伏せ自体に問題は生じませんが、念のため運動は避けた方が良いでしょう。

中期・後期になるとお腹が苦しくてうつ伏せ状態になれませんので、もちろん運動は行わないで下さいね。

妊娠中の便秘は、食生活の改善や背中のマッサージで解消していきましょう。

3・・・食後2~3時間は、運動を避けて下さい。

この3つの注意点をしっかり守り、正しくうつ伏せゴロゴロ寝運動を行いましょう!

また、体操と共に、食生活を整えることも重要ですね!

〇〇〇〇で、さらに効果的にスッキリ実感!

そこで、これらの便秘体操と共に、毎日の習慣としておすすめなのが、飲み物や食べ物にスプーン1杯のオリゴ糖をさっと混ぜて、とりいれること!

便秘に長年悩まされていた私が、これで、さらなるスルッとスッキリ効果を実感しました!

オリゴ糖は「水溶性食物繊維」に分類され、便に水分を含ませて柔らかくし、便のすべりを良くする効果があります。

さらに、腸内に生息する善玉菌のエサとなり、腸内環境を整えてくれます。

オリゴ糖の健康への嬉しい効果や、すっきりに効くオリゴ糖の選び方を知りたい方は、こちらも合わせて見てみてくださいね!

オリゴ糖についての詳細記事はこちら!↓↓↓
>>オリゴ糖とは!その効果と便秘への有効性を紹介!<<

腸内環境を整えるとこんなに嬉しい効果があるのですね!