健康面・美容面に有効な「オリゴ糖」。

便秘解消にも効果的という話は、TVや雑誌等で紹介されていますので、とても有名ですね。

そんなオリゴ糖ですが、実は種類があるってご存知でしたか?

間違った種類のものを選んでいると、あまり素晴らしい効果を得る事ができないのですよ。

そこで今回は、オリゴ糖の種類についてご紹介していきます。

あなたに合ったオリゴ糖を選ぶためにも、ぜひ最後までご覧下さいね!

オリゴ糖は2種類に分類される!その違いとは?

オリゴ糖には大きく分けて「消化性オリゴ糖」と「難化性オリゴ糖」の2種類が存在します。

その名前の通り「消化性オリゴ糖」は、小腸で消化吸収されやすいものの事を言い、「難化性オリゴ糖」は、消化吸収されにくいものの事を言います。

つまり、便秘解消によいオリゴ糖は「難化性オリゴ糖」を指すのです。

しっかり大腸まで届き、善玉菌の増殖を促す効果や便を柔らかくする効果がある為、便秘解消に有効なのです。

そして、この2種類のオリゴ糖をさらに細かく分類する事ができますので、その代表的なものを下記で詳しく記載していきますね。

消化性オリゴ糖の種類と用途とは!?

イソマルトオリゴ糖

はちみつや味噌・醤油等の発酵食品に含まれているオリゴ糖で、コクのある甘さが特徴的です。

熱や酸に強い為、調味料として使用されています。

又、防腐作用もある為、保存食に向いています。

大豆オリゴ糖

大豆に含まれているオリゴ糖で、甘さは砂糖の7割程度、カロリーは砂糖の半分程度です。

甘みはあるがカロリーが低いという特徴を活かし、ダイエット時の甘味料として用いられています。

難化性オリゴ糖の種類と効果とは!?

ビートオリゴ糖

「ラフィノース」とも呼ばれるオリゴ糖で、テンサイや砂糖大根から抽出されたものです。

大腸菌やウェルシュ菌等の悪玉菌を減らし、免疫力を高める効果もあります。

フラクトオリゴ等

玉ねぎ・ニンニク・バナナ等から抽出されるオリゴ糖です。

フラクトオリゴ等は糖類にも関わらず、虫歯になりにくいという特徴があります。

ガラクトオリゴ糖

母乳や乳製品に含まれているオリゴ糖です。

ビフィズス菌を増殖させる働きがあり、便秘や下痢の腸内トラブルを解消するのに有効です。

乳果オリゴ糖

「ラクトスクロース」とも呼ばれるオリゴ糖で、牛乳に含まれる乳糖と、サトウキビに含まれるショ糖から精製されるオリゴ糖です。

オリゴ糖の中では最も甘いという特徴があり、カルシウムの吸収を促し、骨を強くする効果もあります。

キシロオリゴ糖

たけのこやトウモロコシに含まれているオリゴ糖で、主に、トウモロコシの芯からキシランという食物繊維を抽出し、それを酵素分解して作られるオリゴ糖です。

オリゴ糖の中でも整腸作用に優れています。

これらが、市販で購入できる主なオリゴ糖の種類です。

便秘を解消したいなら、難化性オリゴ糖がオススメですが、その中でもあなたに合ったオリゴ糖を見つけてみましょう!

オリゴ糖の選び方

どの種類のオリゴ糖が、便秘に嬉しい効果をもたらすか分かったのですが、実際どのオリゴ糖を選べばいいのか、なかなか難しいですよね。

オリゴ糖といわれて、スーパーなどでも売っている、ドロッとしたシロップを想像されましたでしょうか。

いえいえ、あれではオリゴ糖以外の甘味料が入っている上に、便秘に期待できない消化性オリゴ糖が入っている場合があります。

「スルッとスッキリ!」を実感したいなら、オリゴ糖の選び方を間違えてはいけませんよ!

オリゴ糖にもさまざまな物が販売されていますが、大切なのは「純度の高いものを選ぶこと!」

便秘の一時的な対処ではなく、腸内環境を整え、身体がもつ本来のチカラを発揮してくれるもの、でなければ意味がありませんね。

それを踏まえた上で、便秘に悩まされ続けた私がおすすめするのが『カイテキオリゴ』です!

純度がほぼ100%なので、赤ちゃんから高齢者の方まで、安心して摂ることができます。

それなのに、1日80円からと、コスパもいいのです。

「無理なく自然にスッキリしたい!」という方は、ぜひのぞいてみて下さいね↓↓↓
>>あなたの健康を真剣に考えたオリゴ糖「カイテキオリゴ」<<

私も味わうことのできた「スッキリ」を、あなたも実感してくださいね!