便秘解消や腸内改善に有効なオリゴ糖。

しかし、オリゴ糖の使い方に迷った事はありませんか?

今回は、オリゴ糖で料理する際の使い方やポイントをご紹介していきます。

ここでご紹介する方法でオリゴ糖を摂取すれば、無理なく取り入れる事ができますので、ぜひ最後までご覧下さいね!

料理にオリゴ糖をプラス!オリゴ糖の使い方とは?

オリゴ糖の主な特徴として、砂糖と同じくらい、又は、砂糖以上に熱に強く、安定性を持っているという点が挙げられます。

熱に強いという事は、加熱する料理に入れても味が変わりませんし、糖度も落ちないという事です。

よって、オリゴ糖は砂糖の代わりに使うのがオススメです。

煮物・酢の物・ドレッシング等を作る際には、砂糖の代わりにオリゴ糖を入れてみて下さい。

又、砂糖を大量に使うお菓子作りの際も、オリゴ糖が役立ちますよ。

さらに、お米を炊く際、水でしっかり溶かしたオリゴ糖を加えると、オリゴ糖の自然な甘みがご飯の旨味を引き立ててくれるのです。

無理なくオリゴ糖を摂取する為に、ぜひ上記の使い方をご参考にして下さいね。

オリゴ糖を料理に使う際のポイントとは?

ポイント1

オリゴ糖は1食にたくさん摂取するのではなく、1日3食の食事で少量ずつ取り入れる様にしましょう。

1度の食事で多量に摂取してしまうと、お腹がゆるくなってしまう可能性もありますので、要注意です。

ポイント2

オリゴ糖は比較的甘みのある甘味料で、その上、熱にも強いです。

この性質のおかげで、砂糖の代わりが務まるのですが、砂糖よりも少々甘みが弱いです。

よって、調理の際は、砂糖よりも少しだけ多めにオリゴ糖を入れましょう。

初めの内は、味見をしながら調理してみて下さいね。

ポイント3

みりんをお家に常備されているご家庭も多いと思います。

しかし、オリゴ糖に料理酒をプラスすると、みりんの様な味になるのです。

この方法ですと、みりんを買わなくてもオリゴ糖で代用できますので、ぜひ試してみて下さい。

他にもこんなオリゴ糖の使い方が!

オリゴ糖には様々な用途がありますが、特にオススメなのが、ヨーグルトに入れて摂取する方法です。

ヨーグルトに含まれている乳酸菌と、オリゴ糖のダブル効果で、効率的に腸内環境の改善が行えます。

朝食後のデザートや、おやつの時間に、オリゴ糖入りヨーグルトを摂るといいですね。

この他にも、コーヒー・紅茶・ココア等にオリゴ糖を入れるのもオススメです。

特に、ココアには便秘解消効果がありますので、オリゴ糖と一緒に摂取する事で、効果アップを期待できます。

あなたに合った摂取方法で、無理なくオリゴ糖を毎日の生活に取り入れていきましょう。

毎日の料理にオリゴ糖を取り入れてみて!毎日スッキリ生活を!!

今回は、オリゴ糖の使い方をご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?

毎日の料理にオリゴ糖を少しずつ取りれる事で、無理なく腸内環境の改善が可能になります。

腸内環境が改善されると、肌荒れ改善・腰痛/肩こり改善・体臭/口臭改善・免疫力アップ・アレルギー改善等が期待できます。

なるべく純度の高いオリゴ糖を選び、効率的にオリゴ糖を摂取していきましょうね!

オリゴ糖が便秘にいいのはよく聞くけど、実際にオリゴ糖って何なんでしょうか?

もっと詳しくオリゴ糖について知りたい方は、ぜひこちらもどうぞ!

オリゴ糖でスッキリ!オリゴ糖の便秘への効果についての詳細記事はこちら!↓↓↓
>>オリゴ糖とは!その効果と便秘への有効性を紹介!<<

スッキリのためのオリゴ糖の選び方も載っていますよ!